うつ病療養中にホットヨガを始めたら訪れた5つの変化

こんにちは!キャロ(@carroringo1)です。 

2019年3月末で、ホットヨガを始めてから3か月目に入りました。
「病気が治った!」
「こんなに痩せた!」
「悩みは全部解決した!」
…なんてことは、残念ながらありませんでした。 ホットヨガを始めたからといって、生活に劇的な変化が訪れる訳ではありません。むしろ、何事も劇的な変化がある方が珍しいことなのではないでしょうか?
でも、小さな変化はありました。小さな変化ではありますが、とても前向きな変化だったと思っています。
 
今回は、ホットヨガを始めたことによる前向きな変化について、5つのポイントからご紹介したいと思います。
私は定期的に通院し医師に相談しながらホットヨガを行っています。
同じ病気と向き合いながらホットヨガを行う全ての方にこの記事の内容が当てはまるとは限りませんのでご了承ください。
コンテンツはこちら
 -姿勢が良くなった
 -印象が変わった
 -自分の心理状態を観察できる
 -セルフメンテナンスを試せる
 -会話が広がる
 

姿勢が良くなった
最近会った親しい友人に「姿勢が良くなったね!」と褒められて気付きました。「去年は猫背気味だったのに、今年会ってみたら背筋が伸びていてびっくりした」そうです。勿論、くつろいでいる時などはだらけてしまうのですが、自分でも「あ、今、姿勢良いな」と感じる機会が増えました
 
象が変わった
通っているスタジオのインストラクターさんに「入会時よりも明るく見えます!」と言われました。お店なので、多少割り増しも入っているのかな?とは思いつつも、友人から指摘された「姿勢が良くなった」ことも相まって、明るい雰囲気を持った人に見えるようになったのかな、と推測しています。
 
分の心理状態を観察できる
ホットヨガのレッスン中だけでなく、自宅でもヨガを試します。深い呼吸に集中できる日もあれば、ヨガのポーズをしているのに全く別のことを考えてしまい、呼吸に集中できない日もあります。呼吸に集中できない日は「今日の自分はちょっと気持ちが揺らいでいるな」と感じ、落ち込んだり、不安になったりする可能性を予想することができます。
 
ルフメンテナンスを試せる
肩こりがひどい時…腰が痛い時…塗り薬や貼り薬とあわせ、ヨガのポーズを取ることで
それらの痛みを軽減できないか、試すようになりました。ヨガのポーズを取っても痛みが完全に消えることはないのですが、痛みに苦しむ気持ちが少し楽になるように思います。また、家族や友人が不調を感じている時に、ヨガのポーズを紹介できるようになりました。
話が広がる
久しぶりに会った友人と、ホットヨガについて話をしました。ヨガにまつわる色々なエピソードを共有することで、今まで話したことのなかった話題についても話すことができました。ホットヨガが友人との関係を広げてくれたのです。
 
いかがでしたか? 
ご覧頂きありがとうございました!
 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログ ホットヨガへ
にほんブログ村

アイキャッチ画像は「ぱくたそ」様からおかりしました。