うつ病とホットヨガ…2ヶ月続けて感じたこと

こんにちは!キャロ(@carroringo1)です。

ヨガを始めてからまだ日が浅かった頃、こんな記事を書きました。
www.carro-zakki.com
あれから1か月が経過しました。この記事では、ホットヨガを始めてから2か月がたった2019年5月時点で私がどんなことを感じたかをまとめてみようと思います。

私は定期的に通院し医師に相談しながらホットヨガを行っています。
同じ病気と向き合いながらホットヨガを行う全ての方にこの記事の内容が当てはまるとは限りませんのでご了承ください。

コンテンツはこちら
 -「うつ病だけどヨガ」と思わなくなった
 -一度だけ落ち込んだレッスン
 -それでも辛いことは辛い

うつ病だけどヨガ」と思わなくなった
始めたばかりの頃は「私はうつ病だけどヨガできる!」という気持ちでヨガに通う日が多かったように思います。しかし続けるうちに「うつ病だけど…」という思いは少しずつ薄れていきました。診断から時間がたち、心身ともに少しずつ落ち着いてきたこともあいまって、病気か否かは関係なく「ヨガを楽しもう」、「ヨガを続けていこう」という気持ちのほうが大きくなっていきました。以前はうつ病を核として、睡眠や、外出や、ヨガを含む趣味が、花びらのようにくっついているイメージでしたが、今ではヨガがうつ病から離れ、別の核を形成するようになっています。

度だけ落ち込んだレッスン
一度だけ、レッスンを終えた後、もやもやしてしまい落ち込んだレッスンがありました。振り返ってみるとこんな状況でした。
・あまり体調のいい日ではなかった。
・初めてお会いするインストラクターさんだった。
・アジャストが多かった。
・何度もポーズを失敗した。
・「このレッスンを頑張れた人は仕事も頑張れる」という声掛けがあった。

最後の声掛けについては今でもちょっと疑問なのですが、レッスンの日に下記のような条件が重なると、楽しいはずのレッスンもストレスになりやすいということを学びました。
・体調の良くない日にレッスンしたこと
・初めてお会いするインストラクターさんだったこと
・落ち込みやすい心理状態だったこと

れでも辛いことは辛い
ホットヨガを始めたからといって、悩みがすべて解決するということはありませんでした。落ち込む日はとことん落ち込んでしまいますし、家族と喧嘩しふて寝してしまう日もありました。そんな日は後になって「ヨガもやってるのに、なんで…」と自分を責めることもありましたが、元気になって、またその気になったらヨガに戻ればいいのだと思います。ホットヨガは逃げずに待っていてくれます。

いかがでしたか?
お読みいただきありがとうございました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ ホットヨガへ
にほんブログ村